ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 二十四日市 | main | 味噌つくり >>
2012.07.16 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.01.25 Sunday

1月の絵本



大人が3人くらい入ったら、いっぱいになってしまう小さな絵本やさんピースランド
絵本だけでなく、児童書、育児、自然食など子供も大人も楽しめる濃い品揃え。
子供用の小さな木のイスも置いてあって、子供目線の楽しい本屋さんなのです。

ここのブッククラブに入りました。
ヒゲのおじさん(店主)がその子にあわせたメニューで毎月絵本を選んでくれます。
うちの子もお腹の中にいる時から絵本の読み聞かせをしていたからか、
出産お祝いで絵本を頂いたので生後3ヶ月の時に読み聞かせをしてみたら、
目をキラキラさせながら絵本を見つめていました。
それ以来、絵本が大好き。
でも両親が選ぶ絵本はいつも似たようなものばかり。親の好みが強く反映されてしまいます。
もっと目線を広げて色んな絵本に触れさせてあげたい。
そう思って始めました。

今月の絵本は2冊。
「しんせつなともだち」と「てぶくろ」。
絵本を受け取って、「むむ、この手の絵の絵本は選ばないな。」と思ったものの
読み聞かせてみると、ものすごくお話に入っているのです。
いつも「これなに?」「あれなに?」と質問が入るのに、じ〜っと見入っているのです。
「もういっかい。」と何度も読みたがるのです。
むむ、やるなおじさん(店主)。
長年の経験の違いか。昔から読み継がれている絵本は、子供の心を鷲づかみにするのか。
来月の絵本も楽しみだ。息子以上に私が。
2012.07.16 Monday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR