ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< キャンプ | main | アップルマンゴー >>
2012.07.16 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.05.15 Thursday

倉敷へ


先週末、実家のある倉敷へ行ってきました。
目的は「フィールド オブ クラフト 倉敷」。
高山で知り合った同郷の友人が教えてくれたこのイベント。
今年で3回目になるのに、今まで知らなかったのです。

2日目の日曜日、朝から行ってきました。
とっても美味しいクッキーを焼く友人のブースへ直行。
「クッキー、シフォンケーキ、クッキー、シフォンケーキ」と
口ずさみながら楽しみに行ってみると・・・
土曜日にほとんど売れてしまって、
お店はからっぽ。
が〜ん、ショック!!
シ、シフォンケーキ楽しみにしてたのに・・・
チャイとレモネードと
ガトーショコラで一服。
あ〜すごく美味しい。楽しい1日になりそうだ。



作家さんのブースを見に行く。
草木染の麻の名刺入れ。
カモミールで染めた優しい黄色を選ぶ。


十河隆史さんの小皿。
笑顔の優しい作家さんが作る器は
優しい肌触りで凛としたフォルム。



大きすぎず、小さすぎずちょうど良い規模のクラフト展。
作家さんとお話したり、芝生で息子と遊んだり、
高校の友人と4年振りに再会して
お天気も良くてのんびりまったりな1日。
素敵な作品を作る作家さん達が、岡山にこんなに居るなんて知らなかった。
自分が作ったモノを通して、色んな人に出会い、刺激し合える。
私はモノ作りは出来ないけれど、家族で出展している友人を見ていると
とても楽しそうで、家族ぐるみでの参加が出来て羨ましいなあと思う。


美観地区にある倉敷民藝館へ。
東京の日本民藝館に次いで2番目に出来た民藝館。
大好きで帰省の際は必ず訪れる場所。
「くらしの布ー纏う」展。
ブータン、チベット、インド、アフリカなどの布、衣の展示。
ものすごく良かった。日常から生まれるデザインされていないデザイン。
ここの展示はいつも心にぴったりはまる。

ずっと探していた夫婦茶碗。
大好きな小鹿田焼きの。

がまのナベ敷き。
メイドインふるさと。
大切に使いたい。





翌朝、母と家の近くを散歩。
まだ朝6時だというのに日差しが強く、影が濃い。
南国風な木の新緑がキラキラしていた。

倉敷に居たのは高校までで、大学からは県外に出てしまったのだけど。
若い頃は外に出たい、都会に行きたいとずっと思っていた。
でも家族が出来て改めて倉敷を訪れると、すごく好きになった。

故郷の魅力を再発見できて、刺激も沢山受けた3日間でした。
倉敷、おもしろい!
2012.07.16 Monday

スポンサーサイト

コメント
お互い、充実した倉敷旅でしたねん。
民芸館のお土産本ありがとう。
あんな立派な本、自分ではなかなか買えないので本気で嬉しい。
月曜日、民芸館に行ったら休みでした。(当たり前だね)そして行きたかったお店もほぼ休みでした。

我らが倉敷!来年もまた一緒に倉敷を楽しめるといいね〜。マサヤンにがんばって制作してもらわなくっちゃだね。
私もがんばりますぞよ。
  • amu
  • 2008.05.16 Friday 08:45
いつもいつもお世話になりっぱなしなので
「あの本をぜひamuさんに!」とずっと前から
マサヤンと決めてたのです。
子供たちも楽しめるかな?と思って。
気に入っていただけてよかった。

マサヤン、かなり刺激を受けたみたいで制作意欲高まってます。
来年楽しみにがんばりまっす!
  • nao
  • 2008.05.17 Saturday 06:00
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR