ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< いのちの食べかた | main | 京都へ >>
2012.07.16 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.03.03 Monday

Semi-Acoについて

ブログのタイトル、「Semi-Aco」について・・・

「Semi-Aco」とは本来、夫が作る家具・木製品のブランド名。
製品に同梱される案内文(挨拶文)には

『はじめまして。Semi-Aco (セミアコ)です。                   
 Semi-Acoとは、セミアコースティックギターの略。
 エレキギターとフルアコースティックギターの中間的存在。
 いわばハイテクとローテクの間、デジタルとアナログの間。
 転じて工業製品と工芸作品との間、
 大量生産品でもなく、かといって一点物の高価な作品でも無く。
 それでいて人を惹きつける魅力を持った存在。
 そんな木工品を作っていきたいと思っています。
 飛騨高山の里山で木工を生業とする家族が生み出す日用品たちです。
 どうぞよろしく。』

そんな意味がこもったタイトルなのです。
持ち寄りご飯の報告ばかりではなく「Semi-Aco」本来の紹介もせねば、と。



今日は先日納品を済ませたばかりのベビータンスをご紹介。
夫が息子のために作ったタンスを見た友達が、
我家と2ヶ月違いのお子様のためにタンスを御注文頂いた。
・・・正式にご注文頂いたのは去年の9月!
ウィークデイを木工サラリーマンとして働く夫は、
週末に自分の作業場に通いコツコツ作り続けた。

個人の機械設備ではどうにもならないトコロは
手加工ですすめる。
まさに「Semi-Aco」!


突き出た取手で頭をぶつけたりしないように、
引き出しの前板を切り欠いて持ち手にしたり
お母さんがお掃除しやすいように脚をつけたり。



5年後、10年後、当たり前のように使ってもらえたら
作り手としてものすごく幸せなんだろうなぁ。

Oさん、ご注文ありがとうございました。
随分お待たせしてすいません。
でも、その分愛情詰まってます!
2012.07.16 Monday

スポンサーサイト

コメント
semi-acoの意味が初めてわかりました。
どういう意味だろうとは前々から思ってたんだけど、そういう意味が込められていたのね。
ひとつひとつの家具に込められた考え、思いが伝わる形。大事に使ってもらえそうだね。

この何回かはとても考えさせられるブログ。
私には子供はいないけれど、労働マシーンのような毎日を送っております。
できる範囲で有意義な時間をすごさなきゃ。

食の安全もしかり。安売りに胸をときめかせてるけど、裏をかえせば、他国からの輸入品だろうし。
この御時世だから、体には良くないものも含まれているでしょう。
現実と理想って難かしいね。
  • 2008.03.05 Wednesday 21:29
また、送信失敗しちゃった。さっきのcommentはhiroshiでした。
  • hirosho
  • 2008.03.05 Wednesday 21:35
私も子供が出来て気付くこと、変わること、たくさん。
新たな世界で日々勉強です。
授乳してると、ほんと自分が食べたものでカンタに変化が出るのを目の当たりにし
(穏やかだったり、キーキーしたり)口にするものは自分の体を作っていることを実感。
とても気にするようになった。
でもそれもごく最近のことで、妊娠中いや妊娠前より
食べ物に気をつけとけば良かったと思うよ。
買い物は投票権だと思うから『この生産者、商品に一票』という気持ちで買い物してます。
理想はそうだけど現実は貧乏だし、なかなか難しいよね〜
  • nao
  • 2008.03.06 Thursday 23:31
覚えてらっしゃいますでしょうか?高松のumie店長のMです。ブログを始めた、とお伺いしてうれしくなってコメントさせていただきました!
ブログ全体から、umieに来てくださってた頃のやさしく温かい空気がそのまま伝わってきてとても懐かしく、当時のことを振り返ったり、本を読みながらゆっくりと過ごされてたお二人の姿を思い出したりしています。
お二人が家族になり、家族が増え、信じた道をまっすぐに進んでいく姿に感動するとともに、自分も負けないようにがんばって行かなければ、とあらためて思っています。
これからも、ブログ楽しみにしています。お体に気をつけて、日々健やかにお過ごしくださいね。
また、笑顔でお会いできる日を心待ちにしています(^^)
  • y-umie
  • 2008.03.14 Friday 01:23
>y-umieさん

お久しぶりです!懐かしく嬉しいコメントありがとうございます!!
もちろん、覚えてますよ〜。Mさんの温かい笑顔とおいしいメニューにどれだけ癒されたことか・・・
2年弱暮らした高松の思い出はいつもumieとともにあり、『いつかは自分達のお店を』と想う時にはっきりとイメージにあるのはumieのゆるく温かい雰囲気です。
高松に帰ったらumieに、というよりはumieに行きたいから高松に帰りたい、とよく話しています。
離れても帰れる場所があるのはとても嬉しいこと。
またぜひお会いできる日を楽しみにしています。
Mさんもお体に気をつけてくださいね。オーナーさんにもよろしくお伝えください。
  • nao
  • 2008.03.16 Sunday 00:45
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR