ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2012.07.16 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.02.05 Friday

冬の森


先週末、『森の学校』に参加して乗鞍の森で一日遊んできました。
毎日下界から眺めている乗鞍は、この季節は雪で真っ白に輝いています。
家から乗鞍を指差し「今日はあそこで遊ぶぞ〜」と気合十分で出発。
車で30分ほど、あっというまに乗鞍青少年交流の家に到着。
でもそこは標高1500m。積雪1m。空気が冷たくて痛いっっ。
普段の格好のままジーパンで来た私達、山を甘くみてました。

早速スキーウェアに着替え、大人たちは森へ。
子供たちは体育館で絵本と工作です。
チームに分かれて、隠した野うさぎのぬいぐるみを探しっこしたり
崖からジャンプして雪にとびこんだり、子供の頃に戻ったように思いっきり遊びました。

お昼は五平餅と豚汁で温まり、午後も森へ。

大人たちは和かんじきを履いて、森を散策。
この和かんじきが木と縄だけの自然素材で、またシンプルな作りでよく出来ている。
足が沈まずに、さくっさくっと雪を踏みしめながらどんどん森へ入って行けます。
途中、動物の足跡を見つけたり、谷間をナイロン袋のソリで滑り降りたりして遊びました。
特別な装備も無くて、身一つでこんなに冬の森で遊べるのか〜と新たな発見。
みんな子供の顔に戻って、めいいっぱい遊んだ一日でした。

その頃子供たちは・・・
ソリで遊んだ後、雪のキャンパスに絵を描いていました!



2009.07.05 Sunday

森の妖精


森のムッレをご存知ですか?
スウェーデンの野外生活推進協会が50年前に開発した自然教育です。
子供は自然の中で遊ぶことを通して自然を学ぶという考えに基づき、
雨の日も雪の日も森で遊び、自然に触れながら環境のことを学ぼう。
「自然が好き」という人のほとんどは4歳までに自然に親しんでいたといいます。
幼い頃に自然に触れて育つと、大人になってむやみに自然破壊をしなくなります。

続きを読む >>
Powered by
30days Album
PR